子連れでの歯科受診は無料託児サービス付き歯科がおすすめ

無料託児サービス!キッズスペースあり安心して治療が受けられる歯科検診

小さな子供を育てているお母さんの環境は厳しく

お母さんのお口をケアすることにより、子供にも影響があるということを知っていますか。 生まれてまもない赤ちゃんのお口の中には、ばい菌は存在しません。 では、どのようにばい菌が赤ちゃんのお口の中に入るのでしょうか。 大半が母子感染であるとされています。 母子感染を完全になくするということは出来ません。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中

「子供を預かってくれる所がない」、「子供が小さいので、自分の歯の手入れまで手が回らない」などがありますが、妊娠期間中は、つわりがひどく歯磨きができなくなり、口の中に虫歯菌や歯周病菌が増えてしまうことが多く、唾液の量が減少してしまうことで、歯が溶けやすくなってしまうのです。
さらにはホルモンのバランスが崩れて、歯周病菌が増殖しやすくなります。
現在、小さな子供を育てているお母さんの環境は厳しくなっています。
特に子供が小さい間は預ける場所がないので、お母さんの歯の治療や手入れが疎かになってしまいがちでしょう。
「一子産めば一歯失う」という言葉ができた背景には、このようなことがあるのだと思われます。
妊娠期間中に歯周病菌や虫歯菌が増えてしまい、出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくて、自分のお口の中の手入れまで手が回らないという気持ちは良く分かります。
出産後の忙しい中にあっても、子供を預けられるという環境さえ整えることが可能であれば、もっと多くのお母さんのお口を守ることが可能なのではないかと思い、それならば「一子産めば一歯失う」とならないのではないと考えて、歯科医院で無料の託児サービスを行うことにしたそうです。
「でも、誰が託児をやってくれるの」、「スタッフがみてくれるというのは嬉しいけれど、資格は大丈夫なの」など、小さいお子さんを持つお母さんの不安な気持ちは痛いほど良く分かります。
ですから、当歯科医院においては、保育士免許を持つスタッフを託児のために採用しているので、安心して託児サービスを利用してみてください。
現在は、託児サービスは、医院待合室の一角にキッズスペース設けて行っています。
無料託児サービスですので申込は必ず、前もって電話で予約をして行きましょう。

もし子供に感染してしまったとしても

子供に感染してしまったとしても、お母さんの口の中にいる悪い菌が少なければ、母子感染の被害も最小限にすることが可能でしょう。 小さな子供がいるということで、自分のことを後回しにしてしまう気持ちは痛いほど分かるのですが、目の前の可愛い子供のためにも、お母さんのお口の治療とケアをしっかりすることが大事です。

安心して通院できるように無料の託児サービスを

子育てをしているお母さんたちは、時間が中々作れなかったり、周囲への気遣いから歯医者に通うことについても遠慮しがちです。 小さなお子さんがいるというお母さんたちが、安心して通院していただけるように無料の託児サービスを行っている歯医者が増えています。

TOPへ戻る